車・レンタカーの乗り捨てをする

自分もレンタカーを使い始めた頃、乗り捨てると言うサービスがあることを知っても、実際使うことはあまりありませんでした。

また、電車や新幹線で遠い街にやってきて、乗り捨てると言うことをした時、本当に得なのか?理解が出来ませんでしたが、実際レンタカーを使いこなしている時、こんな利用方法があります。

 

レンタカー店では乗り捨てサービスのことを「ワンウェイ」と言う所もあります。

乗り捨て=どこに車を置いてもOKと言う誤解を招く恐れもあるからだそうです。原則として、乗り捨てサービス(ワンウェイ)は、予め指定した営業所に、借りたレンタカー店とは別のレンタカー店を返す事を言います。 

 

gakugei_-025.png

乗り捨てサービス(ワンウェイ)を利用した時に得な事

ケース1)

・片道5,000円を使い新幹線でやってきたとします。
・レンタカーを借りて5,000円を使い、同じ営業所に返却
・帰り5,000円を使い新幹線で帰ります。

この場合15,000円の移動費が掛かりますよね。

 

・片道5,000円を使い新幹線でやってきます。
・レンタカー代金5000円+乗り捨てサービスを利用し+1,000円払います。
・目的のエリアが広範囲に移動する場合、一番手前の営業所に車を返します。
・帰り3,000円を使い、新幹線で帰ります。

乗り捨てサービスを利用すると14,000円となりました。

1,000円得になることがあります。

 

ケース2)

レンタカーによっては乗り捨てサービスは出発した店内から、同じ県内では無料や出発した店舗から○○km以内の店舗は無料と言う無料サービスになる時があります。
この無料を使うことで、帰りの公共機関に優位な店舗にレンタカーを返却することで、隣の大きな駅の近くにレンタカー店に返すことで、自分の帰りの交通費をお安くすることが出来るようになります。

1.片道5000円を使い旅行に来ました
2.レンタカーを借ります。
3.乗り捨て無料エリア内にレンタカーを返却します。
4.4000円を使い帰ります。

このような方法でも1000円お得になりました。 

  

ケース3)

引っ越しなどでトラックを借りたいとします。引越し業者を使えばそういった気を使わなくてもいいかもしれませんが、自分たちで荷持を運んで、そのまま戻ってこない場合です。
 
1.トラックをレンタルします。
2.引越し先に到着します。
3.自分で出発店に返して、また引越し先まで交通機関で行くと10,000円かかります。
  乗り捨てサービスを利用すると、同じく10,000円かかります。
4.時間的考慮をするなら、乗り捨てサービスを使うお客様が多くなります。

 

このような人の場合、乗り捨てサービス(ワンウェイ)を利用します。 

 

乗り捨て・ワンウェイの利用には波がありますので回送にも波が発生します

※旅行&お仕事の出張にしても、季節が関係している事もあり、シーズン・オフシーズンが関係しています。
オフシーズンでは、キャンペーンを使い、乗り捨てサービスの利用を促す事もあり、波がありつつも、乗り捨てサービスを利用しているお客さんが、結構いるのがこの業界です。

 

 

乗り捨てられた車はどうなるの?

上のような方々によって、乗捨先のレンタカー店に返却された車は、どうなるのか?大手自動車メーカー系及び地域独自系のレンタカー店に尋ねた所、このようなルートを辿ります

  1. 返却先の店舗では、チェックを行いお客様から引き継ぎます。
    乗り捨てられた車が戻ってきたことを報告します。
      
  2. 出発店側から、大手回送業者に依頼をしたり、レンタカー会社によっては出発店の回送スタッフが車を受け取りに行きます。
     
  3. 回送担当者が車を受け取り出発店に回送されます。
      
  4. 戻ってきたレンタカーは掃除・点検・整備を受け、別のお客様に向けて出発です。

 

乗り捨先のレンタカー店では、お客様から返って来た車の事故を起こしていないか、壊れていないかなどのチェックをした後、ほとんどの店舗が乗り捨て先の店舗の駐車場で待機となります。 

出発店に戻る時は、大きなキャリアカーで運ぶのではなく、殆どが運転手が運転して、出発店に戻します。
 

同じ系列の別の店舗とはいえ、実は会社が同じだったり、全く異なる会社だったり、系列店同士での連携によって生まれる乗り捨てサービスだったりします。
日本各地にある営業所があると、確実に車を戻してくれる確立も高まります。

 

また、別に複数の店舗を経営しているレンタカー店になりますと、例えば繁忙期のような観光地の営業所にあるレンタカーの車が足りなくなると、別の余裕のある店舗の車を前もって回送し、お客様に提供することもあります。

 

 

プロの回送ドライバーはこういった車を回送します

委託を受けて回送を専門に請け負っている業者では、こういったレンタカーの営業所から依頼を受けた車の回送を中心に、業務を行っています。

ドライバーさんは、このような返却先に返って来た車を、元の営業所に戻す作業を中心に、回送作業を行います。

 

 

 

余談編:少し変わった回送

・行楽シーズンやイベントが開催される地区があると、そういった地区のレンタカー店では、保有している車が足りず、一時的に別の店舗からレンタカーを回す事があります。

戻ってきた車だけではなく、繁忙期に合わせて対象の店舗の車を調整するために回送することもあります。業者に貸し出すバン・トラック等になると、レンタカー店から直接お客様の事務所まで、レンタカーを配達することもあります。

 

・大きな建設現場など、大型特殊免許を持っているドライバーさんになると、巨大な重機をレンタカー店から工事現場まで回送することもあり、どんな車でも、目的地まで安全に運ぶプレフェッショナルならではの作業もあります。

・ほかにはお仕事に使う車、宣伝カーなど、ちょっと乗るには恥ずかしい車、この車ボロボロだけど大丈夫?って言う車も改装することがあります。
(自走式の回送では、壊れている車・改造車など自走することが危険・危ない車を回送することはありません。)

 

さらにレンタカーだけではなく、回送には新車や中古車、車検などで整備することになった車、新車を自走することも回送業者が扱うことがあります。