確定申告をする

gakugei_-117.png

大手回送業者の場合、雇用契約ではなく、業務委託になることがあります。
この場合、ドライバーは”一”事業者となり、業者から委託された仕事をこなす形になります。

お客様 ←→ 回送業者 ←→ ドライバー

 

そのため、ドライバー毎に1年間の売上・かかった必要経費を元に、確定申告をする必要があります。

ただ、確定申告についても、事業申告・一時収入として申告するなどの方法があります。

 

  

すべての人が適している訳ではございませんが、分からない人は、確定申告相談会に参加するといいと思います。

毎年2月15日(前後)~3月15日(前後)までくらいが、確定申告の季節となります。
マイナンバー制度により、より厳しくチェックが進む事から、年末調整・源泉徴収票を貰えなかった場合は、必ず確定申告を提出してください。

 

 

確定申告をしなくては行けないドライバーは?

 下記条件に当てはまるドライバーさんは、確定申告をする必要があります。

  • 年末に回送会社から源泉徴収票をもらえなかったドライバー
  • 源泉徴収票をもらっても、副業などにて複数から源泉徴収票を貰っているドライバー

 上記に当てはまるドライバーさんは、必ず確定申告をしてください。

 

 

年末にすることは?

 確定申告は翌年の3月から行いますが、その事前準備として、年末に作業をする必要があります。作業と言いましても、届く書類を大切に保管する作業が必要です。

  • 健康保健
  • 国民年金
  • 共済掛金
  • 生命保険など 控除     

10月ごろから順番に、健康保健・生命保険や年金関係の事務所から、「控除証明書」と封筒に書かれた年末調整の書類が届きます。その書類は確定申告の際、控除額の計算に使います。

100円ショップなどで確定申告用のフォルダや大きな封筒を準備し、必ず保管してくださいね。

ご自身の税金の節約になりますので、必ず保管し確定申告の際お使いください。

 

 

確定申告で少しでも税金を節約する方法は?

 持病や手術など1年間で家計をともにする方の合計の医療費が、10万円を超えた時、確定申告にて医療費控除を受けることが出来ます。

必ずお医者さんでもらえた領収書を保管するようにして、確定申告の際必ず申告してください。申告しなかった場合、節税を受けられませんので、是非挑戦ください。

※手術など高額医療となった場合、会社の健康保険に申告・国民健康保険の方は、病院から書類が貰えると思います。こういった健康保険・生命保険の還付があった時は、その分減額する必要がありますので、ご注意ください。

※お医者さんに通った時は、交通費・病院で発行された領収書はしっかり保管をしておきましょう

  

 

回送で得た収入は何収入として、申告べきなのか?

1.非常に難しい所ですが、ほぼ毎日・まほ毎週回送業務を行っており、定期的に収入がある人は、事業収入として申告するべきだと思われます。
事業収入として申告する場合、平成26年1月から記帳・帳簿などの保管の義務付けが始まりました。 また、1年間の売上が1,000万円を超えると、消費税の納税義務が生まれてきます。1,000万円未満の方は、免税となり自分の収入にすることが出来ます。

2.年に冬の時期だけ、3ヶ月だけやりました!と言う短期の方は、一時所得で申告すればよいかと思います。

回送ドライバーの時期をどのくらいやっていたかで、確定申告が変わってきます。

 

会社員なのに副業としてドライバーをやっていた人

確定申告をすると、会社にバレちゃんじゃない?とドキドキしないてくださいね。

会社員の方も年額20万円を超える副業をした時は、確定申告が必要です。
(会社員以外の方の副業は1円でも確定申告が必要です。)

 

会社にバレる仕組みは、確定申告の通知を元に、毎年お住まいの市町村から、都道府県・市町村税の請求が会社に来ます。この時同じ給与の人と、税金の金額が違って来るとあれ?と思われるのです。

でも大丈夫!確定申告の時に、確定申告をして支払う税金は、自分で払うと言うのが選択出来ます。

2016y01m06d_101320927.jpg

確定申告書の2枚目「給与・公的年金等に係る所得以外の所得に係る住民税の徴収方法の選択」の所を、自分で納付を選択ください。

これで副業分はちゃんとご自身で納税することが出来ます。会社には給与分だけから、徴収されます。

※所得税は振替納税にしていない時は、必ずご自身で、確定申告後すぐに金融期間から納税を済ませてください。

市町村・都道府県民税は後ほどお住いの地域から請求書が届きます。

副業だから確定申告をしないで居ると、いつか大騒ぎって事になりかねますので、ご注意ください。

 

 

”一時所得”として申告する場合に必要な事前処理

1.正月を迎えてからでも結構です。
  メビウスから報酬として振り込まれた分を収入として、合計金額を出して置きます。

  (1)振込金額 

2.自分が負担した伝票代、メビウスへ伝票を送付する郵送代の領収書をまとめて、 合計金額を出しておきます。
  回送中の食事代・配車との電話代は、必要経費して難しいと思います。
  (ただし、家事分担と言う仕組みがありますので、一度調べて見てください。また、回送中専用の携帯電話を契約した場合は、その携帯電話の使用料金は必要経費にして良いかと思います。) 
 

  (2)必要経費

  ※領収書が無い物は、逐一日付・何に使ったのか・金額をメモして置く必要があり、メモが無いものは必要経費としては難しいと思います。
  100円ショップに行きますと、出金伝票が売っていると思います。出金伝票に記帳していくのもありだと思います。
 

 

3. 収入金額を計算します。

  (3)収入金額  =  (1)振込金額 -  (2)必要経費

 

(3)の金額を一時所得として確定申告にて、別に貰っている給料等があればあわせて申告します。

 

 

”事業所得”として申告する場合に必要な事前処理

日本の税金関係の法律は毎年少しずつ変わる物があり、結構難しい所があります。

会計ソフトを購入することが理想ですが、会計ソフトを作っている企業も、毎年税金の仕組みを変わることを利用し、1度販売した会計ソフトは、その年の決算まで有効なソフトしか販売してくれなく、毎年ソフトを買い換える必要が出てくることがあります。

Excelのテンプレートをダウンロードするのでも良いのですが、まずは簡単に説明させて頂きます。

 

1.収入と収支について、分かるものを準備する

2.Excelでも結構ですが、日付順に出入金を記帳し、出納帳を作成します。
  本来は日々入力していく帳簿です。

3.確定申告の時期になったら、会計ソフトの決算処理をすることで、日々入力した金額から、収支内訳書(一般用)を発行します。

 

会計ソフトになれると、本当日々の入力が楽になります。

※こちらの箇所につきましては、今後少しずつ加筆させて頂きます。

無料でも使えるクラウド会計を使い、口座と連動することで、日々の必要経費・振込収入から確定申告を簡単にすることが出来ます。
→  全自動のクラウド会計ソフト

※慣れてきたら白色申告から青色申告へ変更手続きをしよう!
会計ソフトを使うようになると、自然と青色申告も簡単に出来るようになります。青色申告にて確定申告をすると、最大65万円の控除がありますので、さらに節税することが出来ます。

※仕分けで悩んだ時は確定申告相談会へ
 あくまでも当方の判断ですが…。

 自分の売上側  仕分け
メビウスからの報酬費用 売上
 電車代・ガソリン代  立替金
   
自分の必要経費側  
 伝票購入費  雑費
  メビウスまでの伝票輸送費  荷造運賃
 電話代  通信費
 乗り換えアプリ有料版  旅費
電車代・ガソリン代  立替金

 立替金は使用したら立替金で落とし、入金されたら立替金で相殺する形です。

 

 

e-Taxを使って確定申告をしよう!

事前準備が整いましたら早速確定申告をしてみましょう!

確定申告をするには、e-Taxを使いますが、e-Taxが無理なら各地域で確定申告の時期に開催している相談会に参加されることで、そのまま確定申告の用紙を作成し、提出まで済ませることが出来ます。

 

2015y02m25d_091909514.gif

1.e-Taxにアクセスします。
   → http://www.e-tax.nta.go.jp/ ですね。 

 

2.「確定申告を作成する」をクリックします。

3.「パソコンで申告書等を作成される方」へ進みます。

4.「作成開始」に進みます。

ポップップウインドウが開きます。

5.「書面提出」をクリックします。

 

ここからは提出される方の状況により入力が異なります。

※事業収入として申告される方は「確定申告書B」に記入します。
※一時収入として申告される方は「確定申告書A」に記入します。
不安な時は確定申告書Bに記入しておけば問題ありません。

 

 

6.提出する際、そのまま送信して提出する。印刷して提出するが選択出来ます。

電子申告の場合
事前の申請やマイナンバーカードやパソコンの準備が必要です。
印刷して提出する場合、直接税務署に出向き提出することも出来ますし、郵送にて提出することが出来ます。
※マイナンバーカードを発行する時、電子証明書(公的個人認証サービス)も合わせて申込をして下さい。

 

郵送にて提出する
必要な書類を添付してくださいと書かれている事があります。必要書類の添付もお忘れなくです。マイナンバーカードのコピーも必要です。

 

※確定申告された書類は税務署の人が必ず確認します。
はちゃめちゃな申告をすると、税務署から確認の電話が来ます。不安な方は確定申告相談会へ、確定申告書には必ず電話番号(携帯電話)を記入しておくと、そういったミスをスムーズに回避出来ます。

 

確定申告したあとはどうなるの?所得税の納税方法

確定申告にて収める「所得税」というものが計算で出てきます。
所得税につきましては、納税依頼のような形で連絡が来ません。ご自身で金融機関から納税するか、振替納税の手続きを依頼する必要があります。

Untitled.png

 

振替納税手続きを済ませている人は、毎月確定申告が終わった4月の日に引き落としがあります。残高にご注意くださいね。この時落ちなかった場合、色々厄介となります。

振替納税手続きを済ませていない人は、電子申告をされた方は電子納税(ペイジーによる銀行引き落とし)や、銀行・税務署から納税を済ませてください。銀行の方にその旨を告げますと、用紙がもらえます。
(郵送などにて申告をした方は、その日の内に納税することが必要です。) 

※e-taxから確定申告書を作成すると、そのまま振替納税の依頼書も作成することが出来ます。確定申告書と合わせて、振替納税の申込書も送付すると、その時の所得税から、振替納税が可能です。

※一部金融機関では、納税用の用紙が準備されていない事があります。基本的には振替納税を希望された方が、その後の手続きをスムーズに進める事が出来ます。

 

 

これにて確定申告は終わりです。

6月になりますと、お住まいの市町村から、都道府県税・市町村税の請求が届きます。
国民健康保険に加入している方も、同じように収入に応じて保険金も変わりますのでご注意ください。

 

時系列にて大きなお金のまとめ

  1. 1月:収入や必要経費をまとめてください
  2. 2月中旬~3月中旬:確定申告
    所得税はそのまま納税
  3. 4月ごろ:国民年金の支払い請求
  4. 5月ごろ:お持ちのお車の自動車税の請求
  5. 6月ごろ:お住まいの地区から地方税(都道府県税・市町村民税・固定資産税)の請求あります。
         健康保険の方も収入に応じて請求あります。

1年間の前半はいろいろ出費が重なりますので、ご注意ください。

 

 

働き過ぎは消費税の納税義務も発生します

働き過ぎというのはよくないタイトルかも知れませんが、1年間の売上(報酬)が1000万円を超えた場合、 翌々年から消費税の納税義務が発生します。

・2016年の売上が1000万オーバー ヤッター

・2017年中に、消費税課税事業者届出書を提出。

・2018年の売上に合わせて消費税を納税します。売上×8%や10%を収める形です。

1000万円未満の場合は、免税されますため、手続きなどは不要です。

 

1~2週間も帰らない回送を繰り返し、沢山回送報酬を稼ぎますと、消費税課税事業者になる可能性もありますのでご注意くださいね。

 

 

確定申告になれてきたらふるさと納税をしてみては?

毎年の確定申告になれてきたら、今年はふるさと納税をしてみては?いかがでしょうか?

ふるさと納税をすることで、こんな利点があります。

  • 2000円くらいの負担で、納税をしたふるさと品・御礼の品がいただけます。
  • 毎年の納税の季節より早めに納税をすることが出来、一括の負担を軽減出来ます。

 

ふるさと納税にも上限がありますので、ふるさと納税のしすぎは注意してください。