昔はレンタカーは基本的に借りた店舗に返す時代だったのです

車の乗り捨て

レンタカー店で借りた車をレンタカーと言います。
新幹線や飛行機で移動した方には、すごく便利な乗り物でね。

日本中遠い所もあっと言う間にいけます。

でも、その後の移動方法はやっぱり公共交通機関では行けない所に、日本の魅力が隠されているのも事実でね。

レンタカーはまさに魅力の移動手段

1時間。4時間・8時間・12時間・24時間と指定時間ごとにレンタカーを借りることが出来る、サービスメニューの多さにもやっぱり嬉しい物があります。

旅行の自由時間を以下に楽しむかは、やっぱりレンタカー1つで変わっちゃう地域も多いのも事実です。

旅行の手段によっては乗り捨ても便利

飛行機で一番遠い地区まで行き、そこからレンタカーでゆっくり旅行。
3県も4県もまたがる移動では、また同じ営業書に戻るのは大変ですよね。

間違った乗り捨て

でも注意しなくちゃいけないのは…。
乗り捨てとは、どこに車を置いておいてもいいわけではありません。

これいじゃ違法駐車になっちゃいますね。

レンタカーに慣れた人には当たり前なのですけど…。

近年はサービスも激化

近年はレンタカー業界もサービスの激化により、色々なサービス・個性を出しています。

ここ数年で知ったサービスというのが。

  1. レンタカーの駐車場お届けサービス
  2. レンタカーの駐車場で回収サービス

この2点ですね。

飛行機・新幹線で目的地まで来たら、その目的地の駐車場にすでにレンタカーが置いてあるのです。
スマートフォンで操作すると、遠隔で車のロックが解除したり、指定された方法で、鍵を受け取ります。


まさにレンタカーの店舗に行かなくても、レンタカーを借りることが出来る時代なのですね。

注意事項もあります

あくまでもサービスであります

駐車場までの手数料。
返却時も駐車場からの手数料がかかります

タイトルとURLをコピーしました