ふるさと納税をする

ドライバーになる

毎年の確定申告になれてきたら、今年はふるさと納税をしてみては?いかがでしょうか?

ふるさと納税をすることで、こんな利点があります。

  • 2000円くらいの負担で、納税をしたふるさと品・御礼の品がいただけます。
  • 毎年の納税の季節より早めに納税をすることが出来、一括の負担を軽減出来ます。

ふるさと納税にも上限がありますので、ふるさと納税のしすぎは注意してください。

ご自身で確定申告をする方の注文方法

他の方同様に、ネット通販感覚でふるさと納税のお礼の品を見つつ、寄付をする所を決めます。

楽天市場のふるさと納税

普通にネット通販しかやった事がない人も、楽天市場でふるさと納税を注文することができます。
そのままネット通販時の注文者の名義で、寄付になってしまいますので、注文者名義と住所に気をつけつつ、申し込みするだけです。

ワンストップ特例制度

従来はふるさと納税で申し込みをしたら、ご自身で確定申告などをして、節税をしなくてはいけませんでしたが、このワンストップ特例制度のおかげで、給料などをもらっている方は、申告をしなくても自動的に処理されます。

でも、確定申告を毎年やられている方は、この制度を利用出来ません。
是非、ふるさと納税の寄付額が、どのくらい節税になるのか、確定申告の際、ご自身でその寄付額を入力した時の、所得税額と見比べてご判断ください。

ふるさと納税の寄付は、所得税と地方税に割り振られる為、所得税額の変化の金額だけでは、ふるさと納税の恩恵を確認することは出来ませんのでご注意ください。

闇雲に寄付をしても上限が決まっています

ふるさと納税の仕組みから、寄付額から2,000円を差し引いた額が、所得税・地方税の還元に割当られます。
ご自身の今年の収入をある程度計算しながら、ふるさと納税の額を上げ下げしていく必要があります。

まずは年間1万円から少しずつアップしていき、自分にあった制度なのか、判断してみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました